両 利き の 経営。 イノベーションの本質は、リーダーシップにある――書評『両利きの経営』

両利きの経営 / 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く

経営 の 両 利き

「イノベーションのジレンマ」が取り上げた破壊的イノベーションの事例の多くが、ハードディスク、油圧技術、パソコン、半導体などであったことが関心度の偏りの1つの要因ではあるが、この頃の破壊的イノベーションの多くが、「モノ」のイノベーションであったことが、現在と最も大きく異なる点ではないだろうか。

15

守りと攻めの「両利きの経営」が、日本企業の未来を拓く|経営のためのIT|ダイヤモンド・オンライン

経営 の 両 利き

サクセストラップを防ぐには、新規事業におけるカルチャーを変え、慣れ親しんだやり方に留まることができないようにする必要があります。 ボストン コンサルティング グループ、コーポレイト ディレクション代表取締役を経て、2003年に産業再生機構設立時に参画し、COOに就任。

19

デジタルトランスフォーメーションの対象領域

経営 の 両 利き

大まかにいうと次のようなことです。 その中で、4つのレベルから見た両利きということを述べていますので、ちょっと紹介しておきます。

14

両利きの経営 / 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く

経営 の 両 利き

著者らは、この罠に落ちた例としてコダックを、この罠から免れた例として富士フイルムを挙げている。

1

『両利きの経営』二兎を追いながら、双方を高いレベルで実現していく

経営 の 両 利き

知の探索:自身・自社の既存の認知の範囲を超えて、遠くに認知を広げていこうとする行為• 土屋哲雄(つちや・てつお) 株式会社ワークマン専務取締役 1952年生まれ。 その意味で、この論文をイノベーション研究の「金字塔」だと述べています。 一般的に、事業の規模が大きくなるにつれて、企業は既存の事業に偏り、探索がおろそかになってしまう。

8

社長が2年半出社しない会社が急成長する理由

経営 の 両 利き

スタンフォード大学のティーチングアワードやアカデミー・オブ・マネジメント生涯功労賞などを受賞。 「両利きの経営」では「深化」に当たります。

19

守りと攻めの「両利きの経営」が、日本企業の未来を拓く|経営のためのIT|ダイヤモンド・オンライン

経営 の 両 利き

慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。 本書は、それに対する洞察に満ちた解決策を提供してくれる」 と賛辞を送っている。

5